HOME-TOP > 知識 > プエラリアで乳がんになる可能性がある?

プエラリアで乳がんになる可能性があるのか?


信頼できる定番のプエラリアサプリはこちらです!



>>CanCam,ViViなど女性誌で話題!レディーズプエラリア99%
バストアップに効果的とされるプエラリアですが、
サプリを過剰摂取すると、様々な副作用が出る事があります。

軽いものでは、肌荒れや生理不順、下痢や便秘などがあるのですが、
場合によっては、もっと怖い病気になる可能性もあるようなんですね。

それは、何かと言うと、乳がんです。

本当に乳がんになる可能性はあるのかどうか?

プエラリアと乳がんにはどのような関係があるのか?

今回は、これらに注目していますので、正しい知識を身につけておきましょう。

プエラリアの副作用で対策することは?


プエラリアで乳がんになる?


プエラリアで乳がんになる可能性があるようですが、これは本当なのか?

結論としては・・・

絶対ではないが、乳がんのリスクを高める可能性がある

とのことです。

プエラリアを飲めば、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が活発になります。

すると、乳房の細胞分裂も活発になり、それでバストアップに繋がるのですが、
それと同時に乳がんの発症リスクを高めてしまう恐れもあります。

ちなみに、乳がんになっている人がプエラリアを飲み続けていると、
がん細胞を増殖させてしまうんですね。

つまり、プエラリアは乳がんと深く密接な関係がありますので、
大量に摂取してはいけません。

場合よっては、乳がんだけではなく、子宮内膜症、子宮内膜がん、
子宮筋腫などこれら病気になってしまう可能性もあります。

ただ、このように書いてしまうと、
怖くてプエラリアなんて飲みたくもありませんよね。

でも、摂取量に気をつければ、それほど危険なものではないんです。

プエラリアの効果をもっと欲しい、早くバストアップしたい、
このような自分勝手な理由で過剰摂取する人もいるので、
そのような方は、特に注意しなくてはいけません。

プエラリアの口コミ情報などを見れば判ると思いますが、
実際に乳がんになってしまったとか、副作用が出たと言う口コミは、
そんなにないはずです。

そのようなことからサプリメントの箱に記載されている
注意書きや使用量を守れば、そんなに神経質にならなくてもいいでしょう。